秋田県 三種町産 生じゅんさい【無選別】

ikeuc001
ikeuc001
ikeuc001
ikeuc001
ikeuc001
ikeuc001

秋田県 三種町産 生じゅんさい【無選別】

(ikeuc001)
秋田県 三種町産 生じゅんさい【無選別:1kg】
在庫状態 : 売り切れ
¥3,600(税別)
只今お取扱い出来ません
秋田県 三種町産 生じゅんさい【無選別:2kg】
在庫状態 : 売り切れ
¥7,200(税別)
只今お取扱い出来ません
秋田県 三種町産 生じゅんさい【無選別:3kg】
在庫状態 : 売り切れ
¥10,800(税別)
只今お取扱い出来ません
  • 商品詳細

日本一のじゅんさい産地、秋田県三種町・森岳産の生じゅんさいです。
季節限定販売:5月~7月
大きさはTサイズが一番小さく、次にSサイズ無選別の順です。

1年中美味しい「小田柳さんのじゅんさい缶」はこちら

じゅんさい産地日本一の三種町から、旬なじゅんさいをお届けいたします。夏といえばじゅんさい!
自然豊かな秋田の綺麗な水で育ったじゅんさいを是非お楽しみください。

じゅんさい【上】(無選別)
大小様々な大きさが入っています。
じゅんさい独特の歯ごたえを楽しみたい方にオススメです!
SサイズTサイズも販売しております。

三種町産じゅんさい
清らかで豊かな水でしか生きる事のできない「じゅんさい」。
実にその96%以上は水。
世界遺産白神山系「素波里」と出羽山系「房住山」からの水、どちらも悠久の自然が育む水。
三種町にはこの両方の水が流れ込んでいます。
生活排水や農薬・除草剤などが生息沼に流入すると じゅんさいは枯れてしまいます。
まさに、じゅんさいは水資源と流域の環境バロメーターです。
じゅんさいの古名は 『蓴』(ぬなわ=沼縄と読む)。
古くから食用にされ、万葉集や古事記にも登場しますが、日本各地の環境悪化により、今ではほとんど生育地が無くなってしまいました。
秋田県三種町は、日本のじゅんさいの約9割を産する 『じゅんさいの町』。
9割という値。
それは如何に三種町の水と周辺環境が良いかの証でもあります。

面の浮き葉が開く前の若芽部分を食します。
表面はヌメリがありとツルリとしたのどごしの不思議な食感でビタミン豊富な低カロリーの食べ物です。
芽の出始めで小さいものほど摘み難く高級とされておりますが、食感を楽しみたい方は無選別がお勧め!

収穫作業
じゅんさい池
梱包イメージ
ご注意
●季節限定販売:5月~7月 ※収穫状況により早期終了の場合あり
●収穫初期のじゅんさいは、葉の色が濃く赤茶色が混じった色をしておりますが
品質には問題ございません。茹でると緑色に変わります。
また、じゅんさい特有のぬめりにつきましても収穫時期によって差がございますので、あらかじめご了承下さい。
●賞味期限:到着後、冷蔵保存にて約1週間 (湯通ししてからお召し上がりください)
●包装及びのしはお付けできません。
●三種町じゅんさいは他商品と同梱する事ができません。
●生ものにつき、商品到着後はお早めにお召し上がりください。